すでにあると思って行動する

「もし欲しいものがあったら『もうすでに手中にある』と思って行動しなさい」

佐藤富雄さんの好きなキリストの言葉ということです。私もすごく気に入ってしまって、おもわず手帳に書き込んでしまいました。

佐藤富雄さんは著書「あなたが変わる「口ぐせ」の魔術—言葉の心理学・生理学」で次のように語ります。

例えば、車が欲しかったら「もうすでに車を持っている」つもりになる。恋人が欲しいと思っているのだったら「自分には恋人がいる」という前提ですべての行動をしてみなさいということです。

手に入れる前から、それにふさわしい自分として振る舞えということですね。佐藤富雄さんは次のようにも語ります。

社長になりたいなら、自分が社長のつもりで発想してみればいいのです。そうすると頭の中にまるで違った景色が見えてくるものです。
お金持ちになりたいなら、今お金持ちのつもりで人生に臨んでみてください。これまでの自分とは別人のような発想や行動パターンが生まれてくるはずです。

これはすばらしいですね!確かに、そのように振る舞えば、確実に見える世界も自分に対する自信も違ってくると思います。さっそく、実践してみようと思います。

大きな業績を残す人間は、人の何倍も働いたからではない。大きな結果を考えたからだ」(「大きく考えることの魔術」より)

成功キーワードに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加